「プライバシーが保護されません」「セキュリティ警告」エラーの対策法|Android│Tips360

🙌 comの所有者によるウェブサイトの設定が不適切です。 怪しいリンクをクリックした場合や、直前で怪しいサイトを閲覧していた場合など、心当たりがあるなら、ブラウザを閉じれば問題ないでしょう。

Edge 接続はセキュリティで保護されていません NET::ERR_SSL_OBSOLETE_VERSION

🤔 Google Chromeの場合 「この接続ではプライバシーが保護されません」が表示されたら、「詳細設定」をクリックします。 アドレスバーに「 このサイトへの接続は完全には保護されていません」と表示されていたわけですが、もう少し詳しく見てみるとこんな説明がありました。 comにアクセスしたユーザーへの広告のリマーケティング、パーソナライズ、およびターゲティングの為に、Google Adsにより設定かつ使用されます。

Edge 接続はセキュリティで保護されていません NET::ERR_SSL_OBSOLETE_VERSION

✊ youtube-button, slide-in-sidebar. 今ではシマンテックの証明書を使っているサイトなんてないとは思いますが、これも管理者に言って証明書を置き換えてもらうしかありません。

10

Chromeの「この接続ではプライバシーが保護されません」というエラーを解決する方法

😁 すると以下の画像ようなウィンドウが開きます。 2017年9月、GoogleはこのSymantec認証局とその系列会社が発行したセキュリティ証明書を認めないと発表しました。

13

PC/スマホで【この接続ではプライバシーが保護されません】が出る時の対処

👎 最後に 「セキュリティ警告」「この接続ではプライバシーが保護されません」などが表示され「ウィルスに感染」「クレジットカード情報が盗まれた」と不安になるかと思いますが、ほとんどの場合は今回紹介した事が原因です。

7

【対処法】この接続ではプライバシーが保護されません【Chrome】

😒 cssがあるはずです。 Chromeのキャッシュ過多 ほとんどの場合この4つが原因になっていることが多いみたいです。 際に確認すべきこともあわせてご覧ください。

6