韓国・元徴用工訴訟、着々進む日本企業の資産現金化、「強制売却中断する方法ない」と市民団体(2021年1月1日)|BIGLOBEニュース

🚒 記事内写真は日本製鉄の韓国での合弁会社「PNR」の工場の風景 今回の期限(8日23時59分)により「日本側に現金化に関する話し合いの内容が伝達されたとみなす「命令手続きに入れる状態にはなった」。 すでに麻生太郎財務相は3月12日の衆院財務金融委員会で『関税、送金の停止、ビザの発給停止とかいろいろな報復措置があろうかと思う』と述べていた。

10

韓国・元徴用工訴訟、着々進む日本企業の資産現金化、「強制売却中断する方法ない」と市民団体(2021年1月1日)|BIGLOBEニュース

😄 1942-43年、理髪店に転職。 1923年、で生まれる。 相次ぐ元徴用工と遺族による裁判 [ ] 韓国の下級裁判所では元と元徴用工の遺族が日本企業3社(新日本製鉄、、)に損害賠償を求める裁判を相次いで起こしている。

17

韓国経済、【さっさと現金化しろよ】日本政府、強制徴用裁判書類送達拒否…「現金化措置遅らせる狙い」

❤️ 「 日本製鉄では 三年間働いたが、月給をもらったことがない」と主張。 だから、「慰安婦」に代わるもう一つの「反日」材料である徴用工カードを切ってきたという見方もできるのだ。

韓国・元徴用工訴訟、着々進む日本企業の資産現金化、「強制売却中断する方法ない」と市民団体 (2021年1月1日)

⌚ 同月には日本のの長が大韓民国を訪れ、差し押さえに対する遺憾の意を伝えると共に問題の解決に向け協議を行った。 ただ、ほかの家庭はとにかく貧しく、食糧不足に加えコレラが蔓延するなどひどい状況でした。 日韓両国間で政府としてこれを外交保護権の行使として取り上げることができないという意味だ」と答弁したため 、それ以降韓国の個人請求権を根拠にした日本への訴訟が相次ぐようになった。

11

韓国経済、【さっさと現金化しろよ】日本政府、強制徴用裁判書類送達拒否…「現金化措置遅らせる狙い」

✊ また日本製鉄が売却命令文に対して即時抗告などを行い、拒否した場合は売却命令執行までさらに数年かかりうる。

徴用工訴訟問題

😝 八幡へ配属後は午前中に軍事訓練、午後に作業訓練。

15

元徴用工への賠償現金化なら日韓「戦争状態」へ 2020年の大予言【国際問題編】

☮ 訴訟の原告たちの来歴 [ ] 旧「日本製鉄」に対する訴訟(1997-2003,2005-2018)の原告たち [ ] 呂運澤 [ ]• 原告代理人弁護士は、2018年12月4日にも再び新日鉄住金本社を訪れたが、面会を拒まれたため、社長に対する要請書を受付に残して帰ったのち、でを開き、の手続を開始する用意があることを明らかにした。 だけど政権が交代したって、国際条約に関しては前の政権が結んだ国際条約も当然有効なわけですよ。 最高裁2007年4月27日西松建設事件判決• そして、実体法上の根拠がある「財産、権利及び利益」についてはそれ自体の外交保護権が放棄されたわけではないものの、「財産、権利及び利益に対する措置」として国内法たる1965年の「財産措置法」 によって韓国民の財産権は消滅していることを明らかにした。

13

徴用工裁判原告に新事実 日本での『証言資料』発掘

😭 日本に出発前に1〜3か月、団体行動の訓練。 日韓関係のすべての動きは「ひとまずこの決定がなされてから」という雰囲気にあるのは確かだ。 10月30日、韓国の最高裁にあたるは(現)に対し韓国人4人へ1人あたり1億(約1000万円)のを命じた。

18