メチルエルゴメトリンマレイン酸塩錠0.125mg「F」

🔥 1. 併用禁忌: 1). HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル<ノービア>、ネルフィナビル<ビラセプト>、アタザナビル<レイアタッツ>、ホスアンプレナビル<レクシヴァ>、ダルナビル<プリジスタ・プリジスタナイーブ>)、エファビレンツ<ストックリン>、アゾール系抗真菌薬(イトラコナゾール<イトリゾール>、ボリコナゾール<ブイフェンド>、ポサコナゾール<ノクサフィル>)、コビシスタット含有製剤<スタリビルド>〔2. メチルエルゴメトリン:メテルギン スポンサード リンク 成分(一般名) : メチルエルゴメトリン マレイン酸塩 製品例 : パルタンM錠0. 【副作用】• CYP3Aの阻害作用により、本剤の代謝が阻害されるおそれがある。 を収縮させ、壁を狭くし血液を減らすからである。

11

メチルエルゴメトリン:メテルギン

☎ 飲み合わせ・食べ合わせの注意 下記のようなお薬を飲まれている方は使用できません。

メチルエルゴメトリン

💅 腎疾患• (相互作用) 本剤は主にCYP3A4で代謝される。

17

メチルエルゴメトリン注0.2mg「あすか」

🤲 の子宮出血予防• 注意が必要なケース..高血圧症、妊娠高血圧症候群、子癇、肝臓病、腎臓病のある人など。

メチルエルゴメトリン

🖕 (適用上の注意) 14. 胎盤娩出前後の子宮収縮促進• 子宮以外にはほとんど作用しないとあります。

メチルエルゴメトリンマレイン酸塩注0.2mg「F」

👉 の子宮出血治療• 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 HIVプロテアーゼ阻害剤投与中• 過量投与は特徴的な中毒症状を示し、 麦角中毒 ergotism または"聖アントニーの火"と呼ばれる。

8

メチルエルゴメトリン

🤣 妊婦・産婦• HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル(ノービア等)、インジナビル(クリキシバン)、ネルフィナビル(ビラセプト)、サキナビル(インビラーゼ)、アタザナビル(レイアタッツ)、ホスアンプレナビル(レクシヴァ)、ダルナビル(プリジスタ・プリジスタナイーブ)) エファビレンツ(ストックリン): 本剤の血中濃度が上昇し、血管攣縮等の重篤な副作用を起こすおそれがある。 の子宮収縮促進• ] 3. 敗血症• De Costa, Caroline May 2002. その 収縮作用から領域で用いられている。

3