「融通無碍」の意味と使い方とは?語源や類語・反意語も解説

😛 「無下にする」の意味 無下を用いた言い回しには「無下にする」があります。 程度や状態がひどくて力が及ばないこと です。 無下とは冷淡であることや、度外れなことを意味します。

14

四字熟語「融通無碍(ゆうずうむげ)」の意味と使い方:例文付き

✊ そのことから、 「溶け合い通じ合い、両方が相まっている」という意味になってきて、仏教用語の観点から 「調和を意味している」ということになるのかもしれません。 一度世俗的な考え方から離れて、融通無碍な考え方をしてみるのもいいかもしれませんね。

4

融通無碍とは臨機応変に人間関係での協調性や連帯感を身につける修行

📲 融通無碍は、まさに 「諸法無我」や 「縁起・ご縁」とも繋がる、スケールの大きな言葉であり、意味を有するのであります。 それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。 。

14

【無下】と【無碍】の意味の違いと使い方の例文

😙 ) いかがでしょうか。 スポンサーリンク• 今回は、現代的な融通の意味へとさすらう前の、仏教用語としての融通を学ぶことと致します。 例えば、「相手の依頼を無下に断ってしまう」「相手の立場が下であっても無下に扱ってはいけない」などと言います。

18

四字熟語「融通無碍(ゆうずうむげ)」の意味と使い方:例文付き

💢 まずは理事無碍法を取得します。 融通という言葉の世界観は、 「華厳経」の思想である 「融通無碍 ゆうづうむげ 」が由来の言葉であるとも言われております。 自他の念仏が、相互に融通し合うという世界観は、まさに 「融通無碍なる念仏」を思わせて頂けて、私としては有り難い教えであるなあ、と味わっております。

11

融通無碍――人生哲学〈4〉

⚛ 「四角四面」 しかくしめん とは、 「ものごとを何でも堅苦しく考えて融通のきかない様子」や 「何ごとも決め事 規則や規定 をベースに例外を認めようとしない性格」のことを指しています。

5

融通無碍とは臨機応変に人間関係での協調性や連帯感を身につける修行

🖐 冷たくて、素っ気ないこと• 理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」 転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。

18

融通無碍とは臨機応変に人間関係での協調性や連帯感を身につける修行

☎ 融通無碍の意味 あまりにも矮小化されてしまった「融通」という仏教用語のさすらいですが、ここで改めて、世界観をもう一度大きく捉えなおして観ましょう。

20