「村は1000億円だって売れない」 核ごみ調査受け入れで北海道神恵内村の高橋村長:東京新聞 TOKYO Web

⚠ SNS(会員制交流サイト)では「金目当て」「恥知らず」などと村を非難する書き込みも。 両町村長が経産省の当初説明を安易に受け入れ、調査に応じる判断を下した責任も重大と言える。 安倍政権の原発推進政策をそのまま継承し、初の地方視察で福島を訪れた時も「原発ゼロ」について語ることはなかった(筆者記事参照)。

11

小泉純一郎元首相、「核のゴミ」最終処分場建設の文献調査を受け入れた町で「日本では不可能」と講演

😇 文献調査への応募を求める請願を採択した=同村で2020年10月8日午前9時48分、代表撮影 高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分場の建設立地を巡り、北海道の寿都(すっつ)町と神恵内(かもえない)村が8日、選定手続きの第1段階となる文献調査の受け入れを表明した。 寿都町は周辺自治体と比べて面積が小さく、道路延長も少ない。 「『来る』と予告をしておいて、ドタキャンですね。

10

核ごみ調査に重い住民負担 寿都町長「最低10市町村は手を挙げてほしい」(1/3ページ)

⚛ 畠山氏は「活断層や活火山のごく近くしか『不適地』としていない国とNUMO(原子力発電環境整備機構)の最終処分場選定『科学的適地マップ』の妥当性が問われます。 反対する住民団体が主催、町内外から約400人が参加した。 原子力発電所から出る高レベル放射性廃棄物、いわゆる「核のごみ」の最終処分場の選定をめぐり、神恵内村では8日に臨時の村議会が開かれ、地元の商工会から提出された調査の受け入れを求める請願が審査され、採決の結果、賛成多数で採択されました。

20

核のゴミ「文献調査」寿都応募、神恵内受け入れに抗議!即時撤回を求め緊急要望!

🙃 離脱手続きの確認を優先議題に位置付けてもいいだろう。

「核のごみ」最終処分場選定 文献調査 北海道の2自治体で開始

☎ ところが今年に入り、コロナ禍が猛威を振るった。 水産業が基幹産業の町で最終処分場などありえない」と語気を強めました。 原子力発電所の使用済み核燃料から出る、いわゆる「核のごみ」の最終処分場の選定をめぐり、北海道寿都町は9日、第1段階となる「文献調査」に必要な書類を提出して正式に応募しました。

6

核ごみ調査に重い住民負担 寿都町長「最低10市町村は手を挙げてほしい」(1/3ページ)

⚐ 自治体の応募は国が3年前(2017年)に調査対象として可能性がある地域を示した全国地図、「科学的特性マップ」を公表して以降、初めてです。

17

核のゴミ「文献調査」寿都応募、神恵内受け入れに抗議!即時撤回を求め緊急要望!

😭 近隣に説明なく、賛成・反対以前の問題だ」(藤沢村長)と厳しく指摘します。 「核のごみ(原発から出る高レベル放射性廃棄物)」の最終処分場選定プロセスが15日、道内2町村で動き出した。

核ごみ文献調査 国は離脱への道筋示せ:北海道新聞 どうしん電子版

⚓ 国が3年前に、調査対象になる可能性がある地域を示した全国地図「科学的特性マップ」を公表して以降、自治体の応募は初めてです。