岡本太郎展 太陽の塔への道|秋田市公式サイト

✋ 当時、パリの二大潮流であった「抽象絵画」と「シュルレアリスム」(超現実主義)の作家と交流しながらも、両方とも違う独自の世界を模索した。 三つの章で構成する展示内容をご紹介します。 岡本は幼少期から芸術に興味を持っていましたが、いざ「何のために絵を描くのだ?」と問われると答えに困っていました。

13

【万代島美術館】企画展「岡本太郎展 太陽の塔への道」

☣ 秋田での「原日本」や「なまはげ」との出会いは太陽の塔の製作にも影響を与え、岡本太郎と秋田の意外な接点を感じられます。

16

新潟県立万代島美術館 企画展「岡本太郎展 太陽の塔への道」|新潟のイベント|【公式】新潟県のおすすめ観光・旅行情報!にいがた観光ナビ

🤞 「対極主義」というのは、「芸術家は、対極する要素を一つの作品に共存させるべき」という考え方で、当時多くの画家が「無機質と有機質」「抽象と具象、静かと動」など、相反するものを同じキャンバスの上に表現した作品を発表しました。 日本では全部の称号を合わせて120人がこの10年の間に授与されています。 完全な「生命の樹」を再現している貴重なこの展示物は必見です。

11

【企画展「岡本太郎展 太陽の塔への道」】アクセス・イベント情報

🔥 これを機に、岡本は抽象画を描きはじめるようになりました。

2

岡本太郎現代芸術賞

😍 惜しくも大賞は逃しましたが、語録賞を獲得しています。 そこで太郎が見たものは、現代人がどこかへ押しやってしまった日本でした。

1

次回開催の展覧会

🐲 名古屋久国寺釣鐘 <<歓喜>> 栃木鹿沼市民文化センター <<夢の樹>> 山形県寒河江市ロビー <<生誕>> 長野野沢温泉村役場前 <<乙女>> 愛知日本モンキーパーク <<若い太陽の塔>> 広島日本はきもの博物館 <<足あと広場>> 徳島大塚製薬徳島研究所 <<いのちを踊る>> そごう横浜店屋上 <<太陽>> 渋谷マークシティー <<明日の神話>> 渋谷こどもの城 <<こどもの樹>> 渋谷NHKスタジオパーク <<天に舞う>> 銀座数寄屋橋公園 <<若い時計台>> など、全国各地で見ることができます。

岡本太郎と信楽展

👈 【岡本太郎賞】加藤智大 作品名:『鉄茶室徹亭』• ちょうど1ケ月前の3月11日(金)夜間鑑賞に訪ねる予定であったが、故郷宮城含む東日本大地震が発生し、観ることができなくなった。 題名は「水差しと果物鉢」で太郎はこの絵を見た瞬間に今まで味わったことのないような衝撃を受けました。

20

「岡本太郎と日本の伝統」展:マピオンニュース

♨ そして愛人も数人抱えていたそうです。