コロナ禍で大量失業者を出しても、日本の観光業の未来が明るいワケ

⚓ 2月のある日言われた。

【失業保険】コロナ失業者は支給日数が+60日延長されます

🤞 閲覧可能になっていたデータは下記のとおりです。

7

コロナ失業で活用できる制度の数々 求職者給付金、未払賃金立替など

⚛ 「2人以上の世帯の場合、月20万円以内が原則で、最大60万円となり、緊急小口資金と合わせて80万円の貸付が受けられます」(同前) 今回の緊急対策以外にも、失業や休業で活用できる制度はある。 未活用労働者とは、これまでの定義での失業者に加え、「(1) 追加就労希望就業者(就業時間が週35時間未満で、さらに働きたい就業者)」、「(2) 拡大版失業者(1カ月以内に求職活動を行った失業者)」、「(3)潜在労働力人口=(3a) 拡張求職者(仕事を探してますが、すぐには働くことができない者)+(3b) 就業可能非求職者(働きたいけれど職探しをあきらめた者)」からなります。 退出って、それも失業ですよね。

5

コロナ失業は増えるも未経験の求人は減少……。緊急アンケート「雇用の不安」感じていますか?

🤭 次の週、引っ越し屋でバイトを始めたが、引っ越す人がいないから2日働いてクビに。 特に、非正規労働者が厳しい状況に置かれ、全体のうち約半数の3万3000人超を非正規労働者が占める。 に期間や金額が記載されていますので、確認してくださいね。

「コロナ解雇」が7万人超え 失業保険の受給は?自己都合か会社都合で要件は異なる?

😛 年末年始を前に、相当数の人が寒空の下、路頭に迷うことが予想されたのだ。 一部報道によると、退職を選んだダンサーらは会社から「自己都合退職」であることを示す書類への署名を求められたと言います。 では、隠れ失業の状態にある方は、どれだけいらっしゃるのでしょうか? 総務省統計局「労働力調査(詳細集計)」によれば、単月の完全失業率の数字より公表がやや遅れるのですが(詳細なデータですから仕方ありません)、コロナ禍の真っただ中にあった4~6月期には、追加就労希望就業者267万人、拡大版失業者20万人、潜在労働力人口52万人(拡張求職者6万人、就業可能非求職者46万人)の合計339万人いました。

コロナ禍で職を失ったら…失業手当を受給するときの2つのポイント

☣ 基本的に自己都合退職の場合は「一般受給資格者」となります。 それを狙って変な業者がハローワークの入口で『仕事直ぐ紹介します』と営業していました。

5

【失業保険】コロナ失業者は支給日数が+60日延長されます

😊 残るか辞めるか、どちらがいいのかわからないけど、国のGoTo支援策は、お金持ちの個人のみが旅行できて、団体客をお乗せする私たちにはまったく関係なかった。

3