トランプ大統領のディープステート殲滅作戦。NESARA 発動3度目の正直!?(笹原シュン氏)

☏ 記事の一部を引用すると、 連邦準備制度理事会は、これらの証券を購入し、所有者である財務省に代わってSPV(特別目的事業体)の管理を処理するためにブラックロックを雇いました。 健全な精神にしか、正しい知識と技術は宿らない。 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」さんからの情報です。

10

トランプ大統領のディープステート殲滅作戦。NESARA 発動3度目の正直!?(笹原シュン氏)

☯ それは目の下に紫色の隈が出るというものです。

16

トランプ大統領のディープステート殲滅作戦。NESARA 発動3度目の正直!?(笹原シュン氏)

🤲 Qアノンは、人身売買の容疑者をすべてつかんでいるということと、システムに侵入し、自在に操ることができるということを、全世界に向けて示したといえます。 彼らは悪魔を崇拝し、黙示録の獣の数字、666を好みます。 25票になるようにプログラムされていた)によって行った不正では間に合わなくなり (それほどトランプが圧倒的に勝っていた)慌てたたちが誠に杜撰(ずさん)にも、バイデンの不正票を沢山持ち込み過ぎたため 登録数よりも投票数の方が多くなるという選挙区がいくつも出てしまった。

2

ハリウッドセレブ、各界著名人の大量逮捕!?日本におけるディープステート掃討作戦(笹原シュン氏)

⚒ 幼児は参加者によって〇イプされた後、縛り上げられ、〇問を受けます。

6

世界新体制(トランプ革命)-1(吉田繁治氏)

🌏 1の地震が発生したというわけです。

4

ハリウッドセレブ、各界著名人の大量逮捕!?アメリカを中心に全世界に広まる児童人身売買の闇1(笹原シュン氏)

⚐ エプスタイン事件 そして組織的児童人身売買、児童買春、児童虐待が存在する決定的証拠となる事件が発生しました。 またその化学式を縦にすると、ウサギのように見えるので、「白ウサギ」という隠語で呼ばれています。

世界新体制(トランプ革命)-1(吉田繁治氏)

💅 コロナ補助金という名のベーシックインカム この後、トランプ大統領は、コロナ補助金を国民に大盤振る舞いします。 それ以前にアメリカの指示により、ディズニーは2月29日から、長期休園に入っていました。 ----------------------------- 大量逮捕のタイミング さて、ディープステートからの攻撃を華麗にかわし、じっと機会をうかがっていたトランプ大統領ですが、ついに待望のチャンスがやってきました。

8