エドヴァルド・ムンクの生涯と代表作・作品解説

☏ ようやく一息ついた。 ミリー・タウロウ Milly Thaulow は、フリッツ・タウロウの弟カール・タウロウの妻。 高校に入ると、国語の先生が副教材として、いつも西洋美術史家の高階秀爾(1932-)の本を使っていた。

1

エドヴァルド・ムンク《叫び》──震える魂「田中正之」:アート・アーカイブ探求|美術館・アート情報 artscape

🤣 ベルリンで「街に出られない」という対人恐怖症の発作に度々襲われたりもした。 光景と心理が共振する ムンクは、ひとつの作品を独立したものではなく、複数の作品をひとつの作品として見ることが重要であると考えていた。 1933年フランスとノルウェーから勲章を授与される。

3

叫び (エドヴァルド・ムンク)

🌏 絵を言葉で聞く初めての体験をした。 ムンクが自己の内面から創造した奇妙な顔つきをした暗い影を持つ人物は、彼の魂の悲しみの子なのであり、決して外面的なモデルとしてコピーされたものではない。

13

オスロ市内から歩いていける!「ムンクの叫び」の場所に行こう!

😉 1987年東京大学文学部美術史学科卒業、1990年東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了、1995年東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。 『メランコリー/黄色いボート』『幻想』『絶望』大作『妹インゲルの肖像』といった作品を制作していった。

【魂の叫び!】ムンクの代表作を解説します!

💙 ムンクは後に「私を彼の弟子の一人とみなすのはどうしても無理がある。

7

オスロ市内から歩いていける!「ムンクの叫び」の場所に行こう!

☕ 5cm エドヴァルド・ムンク《すすり泣く裸婦》1913-14年 油彩、カンヴァス 110. 」 つまり「叫び」はこの絵で描かれている人物が発しているのではなく、「自然を貫く果てしない叫び」に怖れおののいて耳を塞いでいる姿を描いたものである。