「失念」の意味は? 正しい使い方や「放念」との違い【ビジネス用語】

🍀 余計なお手数を掛けましたこと、深くお詫び申し上げます。 放念は他人に対して使うので、忘れてくださいという、依頼するような言い方になりますけど。

12

「失念しておりました」の意味と敬語、読み方、類語・言い換え、英語表現を解説

👌 もっとシンプルに「忘れる」でも特に問題はありませんが、かなりライトな印象を与えますので相手を選びます。 注意力が散漫になる原因は、人によって違います。

19

「失念」の意味とは?「放念」との違いや正しい使い方について解説【ビジネス用語】

😒 「失」は「わすれる、思い出せない」、「念」は「考え、おもい」を意味します。 これが「名前を忘却する」になると、「名前の記憶がすっかりなくなってしまい完全に思い出せないことを表します。 わかりやすく解説すると「覚えていたことを忘れてしまった」ということです。

10

「失念」の意味とは?「放念」との違いや正しい使い方について解説【ビジネス用語】

😂 うっかり忘れること 「失念」には、「うっかり忘れること」という意味があります。 「失念しておりました」の失念という敬語は、ビジネスシーンで使われることが多いです。 その場合多少の信用は失いますが、一生懸命に謝れば、許してくれる友達は多いです。

1

「失念」の意味と使い方とは?類語「放念」との違いも解説

👍 まとめ 「失念」は「うっかり忘れる」「度忘れする」「物忘れをする」という意味があり、敬語表現である謙譲語として使われます。 支払日を失念してしまい、申し訳ありません。

5

「失念」の意味と使い方とは?類語「放念」との違いも解説

♨ 意味は訓読みで読むように「うしなう」「うせる」「なくす」などが一般的に知られています。

14

「失念」の意味と正しい使い方【ビジネスメール例文付き】

⌚ ビジネスシーンや日常生活を送っている時に、誰かが 「失念」と口にしたのを聞いた事があるかもしれません。

15

「失念しておりました」の意味と敬語、読み方、類語・言い換え、英語表現を解説

👉 うっかり忘れておりました。

4

「放念」と「失念」の違い・意味と使い方・使い分け

💕 「失念」は言葉が説明するように「ものごとへの考えや思いの記憶がなくなること」を意図して成り立つ言葉です。 • また一説によると、仏法の理論や言葉を忘れる、あるいは心を散乱させてしまうといった意味も持っているとの事。

18